おしるこ跡地

餅食い過ぎ

読んだ(エッセイなど)

<086>東大卒プロゲーマー 論理は結局情熱にはかなわない(ときど)

東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない (PHP新書) 作者:ときど 発売日: 2014/10/03 メディア: Kindle版 これはね、ムカつく人結構いると思う。素直なんだもの。

<068>1日一つだけ、強くなる。(梅原大吾)

1日ひとつだけ、強くなる。 作者:梅原 大吾 発売日: 2015/07/13 メディア: Kindle版 日本初のプロゲーマーの梅原さんの本。格闘ゲームだけでなく、人生に汎用性のある話がたくさん載ってて結構なるほど感のある作品だった。変な自己啓発本読んだりするより…

<031>ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー (ブレイディみかこ)

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 作者:ブレイディみかこ 発売日: 2019/06/21 メディア: Kindle版 なんかよく見かけるからひょっとして課題図書なのかなと思って読んでみた。

<023>世の中と足並みがそろわない(ふかわりょう)

世の中と足並みがそろわない 作者:ふかわりょう 発売日: 2020/11/17 メディア: Kindle版 途中までしか読めなかった。いじけた超絶上から目線がダメだった。いじけた上から目線はオードリー若林やハライチ岩井も持っている要素だけれど、それを面白くする洞察…

<020>僕の人生に事件は起きない (岩井勇気)

僕の人生には事件が起きない 作者:岩井勇気 発売日: 2019/11/15 メディア: Kindle版 ハライチの岩井のエッセイ。 文章を読む習慣の無い人のエッセイなのでもっと雑なのかと思って読んだけれど、よかったときのさくらももこや土屋賢二を彷彿とさせる文体やな…

<008>表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (若林正恭)

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 (文春文庫) 作者:若林 正恭 発売日: 2020/10/07 メディア: Kindle版 オードリー若林正恭の紀行文。キューバ、モンゴル、アイスランドをめぐる作品。第三回斎藤茂太賞受賞作。賞側の売名かと思いきや、普通に面白か…

<005>小説家という職業 (森博嗣)

小説家という職業 (集英社新書) 作者:森博嗣 発売日: 2014/03/28 メディア: Kindle版 どういう職業観なのかなと思って読んでみた。